のらちん工房 

半農半X‥できることからぼちぼちと、夫婦ふたりでやっている工房です。木製サッシを作ったり、無農薬のお米を育てたり、焼き物を作っています。「ホメオパシーセンター滋賀信楽」も併設しています。日々のことなどつづります。

<木製サッシ>
国産杉使用の二重窓(ペアガラス)のサッシです
あたたかみのある手触りの窓です
引きちがい窓、滑り出し窓、網戸など作ります
新築、改装の際はご相談ください

<無農薬のお米>
高地である信楽の山々の美しい水と愛情をいっぱいこめて
安心で美味しいお米づくりをめざしています

<陶器>
ずいぶん前からぼちぼちと夫婦の共同作業です
引き出物など承ります

<ホメオパシー療法>
「ホメオパシーセンター滋賀信楽」を併設しています
ホメオパシーとは、世界で広く使われている代替療法です
「同種療法」で自己治癒力のアップをお手伝いします
JPHMA(日本ホメオパシー医学協会)認定ホメオパス 村木奈々子

<<<お問い合わせ>>>
滋賀県甲賀市信楽町小川376
村木幹也 村木奈々子
nana.m@nike.eonet.ne.jp
TEL 090-3820-2817
090-1140-8534 (木製サッシ)

暑い夏を駆け抜けました。

夏休みは学童保育のお仕事が超ハードになり、
朝から晩まで、毎日10時間以上も子どもたちと一緒に過ごします。
はぁ~。くたびれた。
狭い部屋で世知辛いこと言われて、子どもらも大変や、、、。

まだまだ「これってどうなん?」「そんなにちゃんとせなあかんの?」
学童保育のお仕事に、毎日葛藤が続いていますが、
そんななかでも、子どもらのおもしろさに心が喜ぶ瞬間があります。

IMG_1027

(夏の田んぼ  今はもうちょっと黄色く実ってます。)

宿題大っ嫌いで、水木しげるのファンで、超美食家で、
冷めたお弁当食べるのに時間がかかって、
ずーっと動き回って
、落ち着きのない、大好きなY君。

自分でやろうと思うことへの集中力とアイデアにはいつも感動。

夏まつりの日、クレープ屋さん、ジュース屋さん、的あて屋さん、
ヨーヨー釣り屋さんなど、自分たちでお店を出し、お客さんにもなり、
忙しく盛り上がっているなか、ふと見ると、小さなグラウンドの向こうの方に
黄色いビールケースが3つ並び、その上にそれぞれ3人の子どもが立っています。
なんと、Y君が表彰台を作り、折り紙で作った一等賞、2等賞の景品を渡す表彰式が
行われていました。子どもらのノリの良さ、自分たちで楽しんでいる様子。
その光景を見たとき、なんとも言えないうれしい気持ちが湧き上がってきました。

ある時はダンボール箱に穴を開け、棒でたたいて、ドラム練習を始めました。
いつのまにか気の合う友達に声をかけ、バンドを組んでいる様子。
ある日、「今日、11時にやる」と言うので、みんなで聴くことに。
たたみの舞台に並んだのは、ドラムのY君と
ダンボールで作ったギターとタンバリンの3人組。
初日はかわいくトトロの「散歩」
「あるこう♪あるこう♪わたしはーげんきー♪」
みんなで歌って不思議な一体感。
次の日は3年男子のボーカルが加わり、ハードロック調の歌を大声で熱唱!
びっくり!超カッコいい!
やんややんやの大喝采。
「Y君、ドラム、かっこよかったでー。」
「ちゃんと練習したもん!」
子どもらが自分たちで作り上げる場のなんとおもしろいことよ!
「これやん!」私のなかで喜びがこみあげてきます。
こういう瞬間が最高にうれしい。

「学習の時間やでー。」
「うるさすぎるー!」
「お昼寝の時間は遊んだらあかん!」
「今日は暑すぎるから、外遊びは無理。」とか、
世知辛いこと言われながらも、集団のなかで揉まれながら、
たくましく楽しんでくれる子どもたち。

いいことばっかりじゃなく、悪いことばっかりでもない。
忙しい夏が終わりました。
IMG_1016
ブルーベリーがたわわに実ったこの夏。
大急ぎで摘みまくり、なんとかジャムは作れたけど。
ゆっくりと収穫できたらなーと思いながら、、、。

ゆったりと暮らしを楽しむこと、来年はできるかなー、、、。











先日、デイサービスセンター陶芸教室で iemonさんに
作品をお渡しできて、ほっとしています。

ひ孫ができないのが悩みだったiemonさん。
「作り方教えてやるわけにいかんしなー。」
と言ってはったのは何年前のことだったか。

その後、次から次へとひ孫が生まれ、
お祝いの陶芸作品作りに追われてきたここ数年。
近頃はめっきり元気がなくなってきています。
以前、政治の話、原発の話で討論していたことを
懐かしく思い出します。

それでもお祝い作品作りへの情熱は変わらず、
今回は新しく生まれた男の子へ
伊吹山を眺める登山姿の男の子のレリーフが完成しました。

IMG_0290

「いつ焼けるんや?」「まだ焼けてないか?」

訪れるたびにiemonさんの心待ちにしている姿を見て、
「遅くなってすいませんねー。窯いっぱいにならんと
焼けへんねんわ~、、、。」と心苦しい気持ちになっていたのですが、
先日、やっと焼成し、無事にお渡しすることができました。

「持って帰ったらな、息子が自分が注文したみたいに喜んどったわ。」
満足そうなiemonさんの顔を見て、
「はぁー、よかった。間に合った、、、。」
とほっとしました。

焼けた作品を持って行ったら、
いつの間にか亡くなっておられて、
喜ぶ顔が見れなかった方たちがたくさんいます、、、。

また最近、女の子が生まれたそうで、
さっそく次の作品作りに取り組んでいるiemonさん。
次はバレリーナ人形を作ると張り切っています。
またまた難しいことを、、、、。
1本足でどうやって立たせますか?

気力振り絞って、作っておられます。























順調に成育中です。
毎朝、成育具合をチェックしに行くお父ちゃん。
田んぼのことで頭がいっぱいの日々です。
IMG_0905

「今年はヤバいで~。」と言うので、
「(・・?何が?」
「ヤバいほど成長がいい!」と喜んでいます。
そんな若者ことば、いつのまに覚えたんや、、、、。
IMG_0904
毎朝、一喜一憂。
「うーん。草も元気や。どうなるやろ、、、。」
「あっちの田んぼはやっぱりイマイチやなー。」

IMG_0893

子どもの写真も撮ったことがないお父ちゃんですが、
まめに田んぼの写真撮ってますー。
IMG_0877

今年はまだ草取りに入っていません。
1回くらい草取りするか、思案中です。
草ぼうぼうになりませんように。






↑このページのトップヘ