のらちん工房 

半農半X‥できることからぼちぼちと、夫婦ふたりでやっている工房です。木製サッシを作ったり、無農薬のお米を育てたり、焼き物を作っています。「ホメオパシーセンター滋賀信楽」も併設しています。日々のことなどつづります。

<木製サッシ>
国産杉使用の二重窓(ペアガラス)のサッシです
あたたかみのある手触りの窓です
引きちがい窓、滑り出し窓、網戸など作ります
新築、改装の際はご相談ください

<無農薬のお米>
高地である信楽の山々の美しい水と愛情をいっぱいこめて
安心で美味しいお米づくりをめざしています

<陶器>
ずいぶん前からぼちぼちと夫婦の共同作業です
引き出物など承ります

<ホメオパシー療法>
「ホメオパシーセンター滋賀信楽」を併設しています
ホメオパシーとは、世界で広く使われている代替療法です
「同種療法」で自己治癒力のアップをお手伝いします
JPHMA(日本ホメオパシー医学協会)認定ホメオパス 村木奈々子

<<<お問い合わせ>>>
滋賀県甲賀市信楽町小川376
村木幹也 村木奈々子
nana.m@nike.eonet.ne.jp
TEL 090-3820-2817
090-1140-8534 (木製サッシ)

娘と「あれやりたいな。」「これも作ってみたいな。」と
夢を膨らませていることがいっぱいありますが、
なかなかゆっくりと時間がとれなくて、、、。
でも、これは今じゃないと!と気合を入れて草木染めに挑戦。
ちょうどセイタカアワダチソウが満開の時期にやっとこさ。

IMG_0572

切ってきた草をぐつぐつ煮て、ネル生地を染めました。

IMG_0577
「そういえば、そのピンとした草も染められるって、
ayamiさんが昔、言うてたわー。」
名前もわからない、すぐそこに群生してる雑草もぐつぐつ。
同じ黄色でも微妙にちがう色になる。

IMG_0576
黒豆の煮汁でも!

IMG_0578
ミョウバン液につけたら、美しくなったー!
なんか感動、、、。
洗って干したら、ずいぶん色は薄くなったけど、
やさしい色合いに大満足。

染めたネル生地はあこがれの草木染布ナプキンになる予定です。
ずいぶん前に「月経血コントロール」のお話し会で
性のおはなしを聞かせていただいたとき、
「自分の性をもっと大事にしましょう。
生理のときは自分をいたわって、
身体にいい草木で染めた布ナプキンがおすすめ!」
と薄ピンクの布ナプキンを販売しておられました。
「うーん。そらそうやけどなー。私、子どもが赤ちゃんの時に
使ってた布おむつが捨てられずに、それ使ってますー。」
と高価なものをよー買わずにいたのです。

うれしいなー。もうそんなに長くはないやろけど、
娘がミシンで縫ってくれた、
憧れの草木染め布ナプキンで
リッチな?気分を味わおうっと!


連休の日に第2段、稲刈りをしました。
農林48号です。
今年は天候や土の状態や、除草なしや獣害や、
いろんな要因で、過去最低の収穫量になりましたが、
やりきった感は過去最高かもしれません。
1枚の田んぼを全部手刈りしたのは初めての経験です。
IMG_0504

今年は秋雨がよく降ったので、田んぼの状態はぐちゃぐちゃです。
これはヤバイ、、、、。

IMG_0494
案の定、小さなコンバイン、
1周もできずに泥沼にハマってしまいました。
押したり、バックしたりしているうちにドツボに、、、。
「今日は手伝い勘弁してよー。」と言ってた受験生長男も
そうも言ってられん!と身を挺して、
コンバインの下に潜りこみ、復旧作業。
IMG_0498
それでもどうにもならず、結局、
「今日は全部手刈りやー!」

そんなこともあろうかと
今年は多めに助っ人を頼んでいたのでした。
はぁ~よかった、、、。

小さな男子たちをたくさん連れて、
お母ちゃんたちがやってきてくれました。
「待ってました!」
子どもたち、最初は近くの川へ遊びに行き、
次は道路に座り込んでカードゲーム。
手伝う気持ちゼロの様子。

IMG_0511
夕方、急にワラワラと田んぼに入ってきて、働き始めた!
裸足で泥の中を走り、手で刈った稲束を運んでくれている!
IMG_0524

「なんとありがたい!」
お母ちゃんたちもびっくり。
「普段は汚れるようなことはやらへんよー。めずらしい。」
「なんかいい風景やなー。」
IMG_0513

IMG_0508
いつのまにか、バケツリレーが始まり、
稲束は次から次へとコンバインで脱穀されていきます。
子どもたちの動きの速いこと!

IMG_0541
働く子どもたちの心意気に感動しながら、
大人も泥の中、足をとられながら、
最後の力を振り絞って刈っていきます。
IMG_0515


IMG_0532
田んぼ仕事は人手やなーとしみじみ思った今年の稲刈り。
気が遠くなるほどの作業でも、人手があればあっという間。
お母ちゃんたちはべらべらしゃべりながら、手刈りし、
子どもたちは泥の中、かけっこしたり、遊び感覚で手伝ってくれて、
暗くなりかけてきたら、みんな真剣。「あと少し!」
IMG_0546
空を見上げると美しい。夕焼け雲を眺めながら、
なんともいえない野良仕事の喜びを感じることができました。

その夜、18才、フランス帰りのFukiちゃんから電話あり、
「明日また続きやるんやったらAОと一緒に手伝いに行こかー?」と。
わーい!来てきてー。
IMG_0548
なぜか、田んぼ仕事に使命感を燃やしてくれてる大阪のじーさんは
今年も献身的な働きっぷり。
IMG_0555
「終わったー!」
IMG_0556
みなさん、ありがとー!!

夜、Fukiちゃんにお礼のメールをしたら、
「お役に立てて何よりです。いい体験をありがとう!!」と返事が、、。
なんという、、、、(涙)。
胸がほわーっとあったかくなりました。

「今年の農林を食べるときはちょっと気持ちがちがうやろなー。」
「ほんまやな。」

がっかりしたり、喜んだり、感謝したり、
今年は思い出深い稲刈りとなりました。













IMG_0402

稲刈りしましたー!
雨ばっかりでいつ刈れるんやろーと心配してましたが、
ありがたいことに、昨日は稲刈り日和の祝日となり、
家族総出で田んぼで一日過ごしました。
IMG_0407
朝一番に大阪からじいさんが駆けつけてくれ、
本人曰く、「カラ元気」を出して主力で頑張ってくれました。
うちの84才おばあさんはとうとう田んぼ仕事からは引退、、、。
今年の夏の暑さでまいってしまい、ずいぶん弱りましたが、
田んぼ仕事で鍛えた生命力でただいま盛り返し中。

ドロドロでコンバインが入れないところは鎌をもって
手で刈っていきます。

IMG_0408
今年はコナギがいっぱい茂りました。
おかげで稲は遠慮気味の成長となり、収穫量は期待できひんなー。
なんとなくがっかりした気分。
毎年毎年、期待して、がっかりして、たまにうれしい年があり、
そうやっていつか大収穫を夢見ながら、やっていくしかないんやなー。
「来年は大丈夫や。もう考えてるから。」と自分を励ますお父ちゃんでした。
IMG_0410

受験生長男も駆り出され、「もう帰っていい?」
「あかん!スマホで動画見てる時間削ったら、
なんぼでも勉強する時間あるわ!」と言われて渋々労働。
女子たちもテントで寝たり、お花の写真撮ったりしながら、
必要なときは労働。
コンバインがハマったときは走ってきて、
後ろからみんなで押し、なんとか最後まで刈ることができました。
IMG_0463
暗くなるころには、みな真剣。
裸足で田んぼや畦を歩き回って、
たくましく働く子どもたちの姿を見ながら
「あー、なんと幸せなことやろか、、。」
足腰痛くて、ヨレヨレになりながらも、
ジーンときてしまいました。
IMG_0442

IMG_0439

                       
IMG_0438
                                                                     IMG_0450

秋の田んぼ。
あぜ道にはかわいいお花が咲いていました。

第一弾、コシヒカリの稲刈りが終わりました。
次は農林48号が待っています。

イノシシにメチャクチャにされませんように。









↑このページのトップヘ