久しぶりに犬連れで「あわいさ」に行きました。
DSCN2014
おかげで語り合いにあまり参加できなかった、、。
寂しそうなスピカが気になり、ついつい付きっきりに、、、。

大切な教育のおはなし。
甲賀市の学校統廃合の話が先日新聞に掲載されて
「えー?信楽に小学校が1こだけになるってー?」
「そんな話が出てたんやー」
「いくらなんでも5校を1校にするって強引やわー」
「5年後やったらうちの子、セーフやわー」
そんな話がおかーちゃんたちの間で飛び交っていました。

頼りになる甲賀市の市議さんに詳しくおはなしを聞ける、ということで
あわいさに集まりました。

とにかく「なんでやねん!」と思うことが多いこの頃。
国が60年ぶりに学校統合の指針を改訂したそうです。
それに沿って、地方でもそういう動きになってるらしいです。
少人数は適正な人数ではないらしい。
その「適正」というのも子どものことをほんとに考えての「適正」ではなく、
管理しやすい、教員の数が減らせる、などの大人の都合が言い分で決められている感じ。
地域から学校がなくなるということは、ますます過疎化、老人だけの地域になっていきます。
何が「地方創生」やねん。

決められたことは仕方がない、というスタンスではなく、
いろいろ意見を出し合って、議員さんに伝えるなどできるよねー、というお話でした。


繋がれて飽きあきしているスピカ。次に来るときは一緒にお昼ご飯でも食べようなー。
DSCN2012