信楽のすてきなお店、Cafe あわいさでホメオパシーおしゃべり会を
月に1回、第1月曜日に開いています。
7月もなかなかいい会でした。
まずはこのジメジメした気候、水はけが悪くなっている体のケアについて
頼りになる加賀山ホメオパスがアドバイス。
腎臓のサポートをオススメしていました。
ソリディゴというマザーチンクチャーはアキノキリンソウのエキスですが、
これが腎臓によいのです。
おしっこの問題で困っているときにはオススメです。
アキノキリンソウは喘息の原因などど言われて嫌われてきましたが、
実は不毛な土地を浄化するために繁殖していて、
体も浄化する力があるようで、アトピーの方などに効果あるようです。
このジメジメの時に流行るのが「とびひ」ですが、最近、そんなに聞かないなー、という話。
うちの3人の子は全員とびひになりましたが、長男が一番ひどく完治するのに
1ヶ月以上かかったような記憶があります。
足が全部ジュクジュクになってたような、、、。
とびひもかかりきるとスッキリします。
とびひもやっぱり、なる子はなるし、接触していてもなる必要がなければ伝染りません。
とびひになる必要があるからなるんだ、と受け取って気長に対処していると
あるとき、あっけなく治りました。
その時もレメディー、あれやこれやと飲ませました。
テルミーも役立ちました。
とびひ、けっこういいものです。

子どもの不調、溶連菌感染症の対処など困っていることや興味のあることを
みなさん、話してくださいました。

ある方が「10褒められても1けなされたらダメなタイプの子どもってどうすればいいんでしょうね。」
と。聞いていくと学校がしんどくなって、行ったり行かなかったりしているそうです。
悩みますよねー。親は。
学校に行く、行かない、どちらでも!
「なるようになる」
子どもが機嫌よくしてくれる方へ。
とりあえず、「学校いやや」と思う感性を素直に表現できてすごいと思います。
子どもも大変やと思います。学校ってところは。

うちも「学校いやや!」と言ってくれたらホームスクーリングやフリースクールを考えよう、
と思ってきましたが、そんな日は来ませんでした。
うちの子どもたちは誰も私の理想の、「我が道を行くタイプ」の子どもではありませんでしたー。
うちの子は普通に学校行って、協調性のある、まじめなタイプなので、
学校をエンジョイしていて、なんの話のタネにもなりませんが、
私のように、理想の教育を目指したいけど、覚悟が足りない、自分に自信を持てないタイプ
(インナーチャイルド満載)の人の参考になればと思うので、
次回にでもうちの学校体験談でも書こうと思います。

夏休みが始まりました。
ダラダラできるー!?
ヤッター!
DSCN2171

雨あがりの夕方、末娘が2階の窓から「あ!虹が出てるー!」
「うそー。どれどれ。」
とまた家族みんなで外へ。
「ほんまやー!2重やー!おっきーなー!」
眺めている間にどんどん薄くなっていきました。
みんなで空を眺めるひととき、うれしいことです。