木製サッシの取り付け工事に行ってきました。
今度は「インナーサッシ」、つまり内窓です。
すでにある窓の内側に
二重ガラスの木製サッシをつけることで
お部屋を暖かくする、という目的で。
木製サッシは断熱効果があるので、
冬は暖かく、夏は涼しくなるということです。

今回の施主さんも、中古住宅を素敵にリフォームして
住んでおられますが、「あまりの寒さに思い切りました。」と
内窓をつける決心をされたようです。

「碧いびわ湖」さんhttp://aoibiwako.shiga-saku.net/が雨水タンク、薪ストーブ、太陽熱温水器など
すてきな暮らしの提案をされているのですが、
「木製サッシ」も紹介してくれていて、
今回は「碧いびわ湖」さんからのお仕事です。

大きな窓がある時は私も助っ人で一緒に軽トラに乗っていきます。
人のおうちに行くと、「ほ~!」と感心することがいっぱい。
今回もおおいに勉強になりました。
すっきりとした暮らし!
(うちの家に反映できるかは不明)
DSCN6392
杉の木の床、天井、ドア。
光りが入る大きな窓。
明るくて、暖かい雰囲気です。
そこにうちの木製サッシがバッチリとマッチして
「見た目もいいね~。」と喜んでもらえました。
DSCN6380
トイレにも。
木製の壁にピッタリです。
DSCN6393
キッチンにも。
DSCN6386
ペレットストーブのあるお部屋にも。
DSCN6378
洗面所にも。
DSCN6389
ピアノと本棚のあるリビングの一番大きな窓にも。
「これで三重ガラスだね。」
8歳の男の子が喜んでくれました。

ここの子どもさんたちはシュタイナー学校に通っていて
その教育の仕方、考え方などをお母さんに聞かせてもらい、
話が盛り上がりました。
素晴らしい!理想の教育やな~、、、。
いいな~。

仕事もろくにせずにお母さんと意気投合し、
おしゃべりして、楽しいひとときを過ごしました。