デイサービスセンター陶芸教室の陶工、iemonさん。
また力作が完成しました。
DSCN6471
続々と生まれるひ孫さんのために、心をこめて作ります。
長男くんには鯉の滝登りを作りました。
長女さんには「ひな人形」を作りました。
次男くんには「金太郎と熊」がひらめきました。
いろいろと思案しながら、制作していきます。

まずは北海道おみやげの熊をおうちから持ってきて
見本にしながら、熊を作りました。

次は新聞の広告の金太郎人形の写真を切り抜いてきて、
じっと見ながら、金太郎を作りました。


DSCN6326
細部にもこだわります。
割りばしを削って斧の棒ができました。
おうちから、なんやかんやと持ってきて、
「これつけたらどうやろ?」と。
斧に結ぶ立派な紐も探してこられました。
きんたろさんの頭に飾る黄色い刺繍糸まで。
しばらくの間、iemonさんの頭の中にはいつもきんたろさんがいたようです。
DSCN6486
「はぁ~。やっとできたな~。」
最後にひ孫さんの名前を板に書いて出来上がったときは
本当にほっとした顔をしていました。
「お疲れさまでしたー。」と言うと
「ほんまに疲れたわ、、、。年とってきたらあかんなー。」

お昼ごはんの後、少し休憩して、「さあ、仕上げしよう」と立ち上がったときに
「こけそうになって、横の柱に抱きついてクルクルまわってしもてな。
柱があってよかったわ。イタタタ、、」と腕を押さえてやってきました。

何年か前に初ひ孫さんのために兜を作ったときの
iemonさんを思い出すと、
最近はやっぱり年とらはったなーと思うのですが、
「次はいつ来るんや?次はな、天女の羽衣や。」
と次回作の構想を練っておられるところを見ると、
まだまだ気は若い。
ええもん作るぞ!という気概を感じて、
さすがiemonさん!と頼もしく思いました。
DSCN6484
iemonさんの気力と根気の賜物です。
完成、おめでとうございます~。