のらちん工房 

半農半X‥できることからぼちぼちと、夫婦ふたりでやっている工房です。木製サッシを作ったり、無農薬のお米を育てたり、焼き物を作っています。「ホメオパシーセンター滋賀信楽」も併設しています。日々のことなどつづります。

<木製サッシ>
国産杉使用の二重窓(ペアガラス)のサッシです
あたたかみのある手触りの窓です
引きちがい窓、滑り出し窓、網戸など作ります
新築、改装の際はご相談ください

<無農薬のお米>
高地である信楽の山々の美しい水と愛情をいっぱいこめて
安心で美味しいお米づくりをめざしています

<陶器>
ずいぶん前からぼちぼちと夫婦の共同作業です
引き出物など承ります

<ホメオパシー療法>
「ホメオパシーセンター滋賀信楽」を併設しています
ホメオパシーとは、世界で広く使われている代替療法です
「同種療法」で自己治癒力のアップをお手伝いします
JPHMA(日本ホメオパシー医学協会)認定ホメオパス 村木奈々子

<<<お問い合わせ>>>
滋賀県甲賀市信楽町小川376
村木幹也 村木奈々子
nana.m@nike.eonet.ne.jp
TEL 090-3820-2817
090-1140-8534 (木製サッシ)

2016年04月

お天気のよい休日に急いで田んぼ作業をしました。
次の日は雨+突風らしい。
助っ人がたくさん来てくれました。
気合が入ります。
DSCN0025

今年もポット苗を作ります。
DSCN0026
苗箱に種籾を入れて土をかぶせます。
今年は去年よりたくさん苗を作ります。
植え幅を狭くして、増収穫を狙っています。
(毎年思うようにはいかないのが田んぼ仕事ですが、、、。)
DSCN0022
田んぼに運んで流れ作業。
DSCN0037
少し前に整えておいた苗床の上に橋板に乗って並べていきます。
DSCN0030
気持ちのいい青空の下、ホケキョの声を聞きながら。
DSCN0002
全部並べたら、上からシートをかぶせます。
芽が出てくるまで待ちます。
DSCN0020
周りに棒を立てて、カラス除けの糸を張って出来上がり!
やれやれ、、、。日が暮れる前になんとか終了しました。

種を播いたらとりあえず安心。
これで今年もお米ができるはず。

娘たちはケンカばっかりして、田んぼの中を走りまわり泥だらけ。
長男は高校生になり、部活から帰ってから手伝ってくれました。
信楽を離れて、遠いところまで通学する毎日。
いつまでこんな風に家族総出で作業ができるかなーと
ふと思いました。

大阪から張り切って駆け付けてくれたじーさんも74歳。
並々ならぬ持久力は健在です。
「次は田植えやな!」とやる気満々で帰っていきました。

のらちん工房のお米作りも6度目の挑戦です。
6年前といえば、末娘はまだ2歳だった、、、。
お米作りで歳月を感じる今日この頃です。







いよいよ本格的に始まりました。
田んぼの仕事。
苗床作り。
畔のまわりに1.5M幅の苗床を整えていきます。
まずはトラクターでならして、あとは手作業。
DSCN4370

うわ!冷た!
裸足で入るとまだまだ冷たい。
DSCN4374
「田んぼ、手伝いたいねん!」という奇特な人が
お犬さん連れでやってきました。
DSCN4375
久しぶり~!富男さん。
スピカの兄弟、富男さん。
凛々しくなってー。
もともとこの近くの空き地に捨てられていた子犬の兄弟。
今や、立派な母と叔父になりました。
DSCN4425
太郎と血のつながったおじさんです。
DSCN4378
興味津々の太郎くん。
DSCN4436

なんとなく仲良くなっていきます。

DSCN4440
人間は黙々と働きます。
DSCN4376
だんだん泥が温かくなってきます。
末娘はカメラマンに徹して今日は絶対泥の中には入ってきません。

DSCN4382


助かるわ~。人力作業はやっぱり人手やね。
DSCN4385
力を合わせて50メートルの苗床を整えました。
次は苗作りです。ポット苗に種籾を蒔く作業が待っています。
「楽しかったわー。また田んぼ手伝いたいねん。」
と申し出てくれる奇特な人にまた助っ人頼みました。























DSCN4323

春爛漫。
DSCN4346
春休みに映画を見ようと借りていたDVDたち。
「今日、返さなあかん日やけど、まだ見てないDVD、
もったいないから見ようかー。」
と夜に見始めた「スクール オブ ロック」。

晩ごはん作りながら、チラチラと見てましたが、
どんどん引き込まれて、画面に釘付け。

最後の演奏シーンではこみ上げるものが、、、。
また涙やー、、、、。

お父ちゃんが知らん顔して、自分で釣ってきたサワラのフライと
炙り焼きを作ってくれたおかげで、無事においしい晩ごはんできました。

「俺も見たいなー。」と長男が言うので、
「夜中に返しに行く覚悟で、もう1回見よ!」

イケてないロック命のハチャメチャなおじさんロックンローラーが
いいとこのご子息の通う小学校で教師になって、
子どもらに無理やり一緒にロックバンドをさせる話。

ギターやベースを弾く子役の子たちを見て、
「この子ら10歳でこんなことできてすごいな。
ほんまに弾いてるんかな。」と娘たち。

「そんなん、はるやのたろうくんたちもそうやんか!
10歳の時にはもうバリバリ弾いてたやん。」

あまりに身近で当たり前のような存在になっているから
そのすごさに気が付かないらしい。

「なんかこの映画、はるやバンドを思い出すな~!」

はるやバンド初のライブハウス出演、
そんなおめでたい日に行かんでどうする?ということで
家族みんなで京都のネガポジというライブハウスに繰り出したのは
ついこの間のこと。
詳しくはこちら。はるや日記で。
http://haruyanahibi.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-7939.html

はるやのロックコンサート。
素晴らしかったー!
はるやの魅力そのままがライブハウスで炸裂してました。
家族バンド。
何がなんでも、何よりも、音楽が大好きなはるふみさん。
はるふみさんのロックを愛する心が
家族のおもしろさを最大限に引き出してるんやなー。

スクール オブ ロックのハチャメチャ先生とはるふみさんがダブる、、、、。
(ゴメン!)
ロックの魂っていうものにシビレました。


本気でやる、とことんやる、自分の一番好きなことを。
子どもを巻き込んで。
そして、子どももそれぞれの得意分野を任され、自信をつけていく。
みんなで作り上げていく楽しさのなかで生き生きとしてくる。

それが一番の教育やな!

子どものためとか、よかれと思って、とか関係ない!
まずは自分が楽しむ。
そして可能性を信じる。

はるやはロックな家族やったんやなー。


はるやバンドのライブは気合の入ったロック音楽と
はるふみさんのしゃべりと
ゆみえちゃんの心からの感謝のあいさつが入り乱れた、
なんともおもしろい、「はるや」ならではのライブでした。
子どもたちはクールに演奏。かっこよすぎるでしょー。
はるやファミリーのビートを感じて
会場全体がノリノリで熱気ムンムンでした。

次はCD発売かな?
どんどん夢が実現していくはるや。
すばらしいな~。

なぜかタイムリーにも「スクール オブ ロック」を見て、
はるやバンドにあらためて思いを馳せたのでした。

当たり前の存在になっていましたが、身近なところに
こんなにもロック(魂)な、イケてる家族がいて、
私ら幸せ者です~。
DSCN4324

DVDを返しに真夜中の山道を車で走りました。
助手席に長男。コンビニコーヒー飲みながら。
「スクール オブ ロック」のサントラ借りてきました!









春は忙しい。
新しいことがいろいろと始まる季節。
そんな春一番に生まれた長男。

今年も盛大に祝いました。
DSCN4294

今年はこじんまりと家族だけで。
とは言うものの、ケーキくらいは作ろうか。
おなじみのケーキではつまらんから、今年はバウムクーヘンや!
思いつきで焼き始めたバウムクーヘン。
IMG_0568
え?ボタボタ落ちてもったいないやん、、、。
IMG_0567
うわ!けむりで泣ける!
IMG_0581
やる気がなくなり、あきらめかけたところに助っ人登場!
IMG_0583
バーベキューコンロの方がいいんちゃう?
とお父ちゃんのアドバイスが、、、。
最初に言ってほしかったわー。
IMG_0582
おー!できてきた!
コツつかんできたなー!
やっぱり火力やなー。
IMG_0587
わおー!
灰入り、燻製バウムクーヘン出来てきたー!
IMG_0592
どうなってるかなー。ドキドキ、、。
わー!スルッと抜けたー。
ちゃんと模様が出来てるー!
バウムクーヘンやー!!
わおー!わおー!
みんな大喜び。
お味は、、、、、。
うーん、、、、。
素朴やな、、、。けむりの味がするな、、、。かたいな、、、。

、、、、、、。リベンジしよなー。もうコツつかんだしな!
IMG_0594
はるや@ゆみえちゃんの特製ケーキに8の字のろうそく。
バウムクーヘンに8本のろうそく。
8+8で16
IMG_0595
ハッピーバースディ!
みんなで歌いました。
水木せんせい、いちごと助っ人、ありがとー!


















IMG_0553

のらちん米で麹作り。
味噌作りはもう20年以上やっていますが、
昔は麹と大豆を買って仕込んでいました。

何年か前から、麹も自分で作れるよと教えてもらい、
米袋に入れて抱っこして寝て、発酵させて、
麹ちゃんを作るようになりました。
自分で作ると愛着が出て、麹ちゃんになります。

ものぐさな私には温度管理が難しく、保温が足りずに
発酵が遅くなったり、逆に米袋の中で発熱しすぎて
発酵しすぎたり、、、。
それでも、自分で作った麹で味噌を作るのはうれしいものです。

去年、知り合いになったО村先生は料理の先生です。
味噌作りの達人であちこちで教えているエキスパート。
この先生の味噌はほんまに美味しい!

倍麹味噌と言って、ふつうは味噌と麹を1対1の割合で作るところを
麹を2倍使った味噌です。
О村先生のレシピで作った味噌、久々にいいお味に出来上がって
子どもたちもお味噌汁を美味しいと言ってくれるようになりました。

ここ何年かはなんか酸っぱい、なんか変な匂いのするお味噌。
もったいないので無理やり使ってたので、味噌汁に対する不信感が、、、。
あー、美味しいお味噌はうれしいなー。
IMG_0556
と言うことで、
去年に引き続き、今年もО村先生の味噌作り作業場にお邪魔して、
大量の麹を作らせてもらいました。
作ると言っても、蒸して、種麹を混ぜたものを麹作り機械に入れるだけ。
あとは機械が温度管理をしてくれて、明日になったら美しい麹が出来ています。
IMG_0554

ありがたいありがたい。
IMG_0557

今年も倍麹味噌と4倍麹味噌を作る予定。

О村先生はめっちゃくちゃお元気な私の憧れの先生です。
なんといっても、小さいのやら、大きいのやら、お犬様が10匹以上
おうちの中にいて、一緒に暮らしておられるツワモノです。

О村先生と話していると、ほんま、元気出るわ~。
上には上がいるもんです。
犬バカ同士で盛り上がりながらの麹作り、
ほかほかの気分になりました。




↑このページのトップヘ