のらちん工房 

半農半X‥できることからぼちぼちと、夫婦ふたりでやっている工房です。木製サッシを作ったり、無農薬のお米を育てたり、焼き物を作っています。「ホメオパシーセンター滋賀信楽」も併設しています。日々のことなどつづります。

<木製サッシ>
国産杉使用の二重窓(ペアガラス)のサッシです
あたたかみのある手触りの窓です
引きちがい窓、滑り出し窓、網戸など作ります
新築、改装の際はご相談ください

<無農薬のお米>
高地である信楽の山々の美しい水と愛情をいっぱいこめて
安心で美味しいお米づくりをめざしています

<陶器>
ずいぶん前からぼちぼちと夫婦の共同作業です
引き出物など承ります

<ホメオパシー療法>
「ホメオパシーセンター滋賀信楽」を併設しています
ホメオパシーとは、世界で広く使われている代替療法です
「同種療法」で自己治癒力のアップをお手伝いします
JPHMA(日本ホメオパシー医学協会)認定ホメオパス 村木奈々子

<<<お問い合わせ>>>
滋賀県甲賀市信楽町小川376
村木幹也 村木奈々子
nana.m@nike.eonet.ne.jp
TEL 090-3820-2817
090-1140-8534 (木製サッシ)

2016年05月

デイサービスセンターに月4回通うたびに
利用者さんとの会話を楽しんでいます。
DSCN4222
この方はどんな人生を歩んできたんやろう。
おひとりお一人、お話するたびに、
だんだん好きになっていって
おもしろくなっていって、
いろいろと興味が湧いてきます。

先日は若手男性のT内さんと会話が弾みました。
話題は「認知症」。

植物をこよなく愛するT内さん。
散歩の楽しみを語り合っていたら、
「認知症には散歩がいいんですよ。
だから、私は朝夕2回、必ず散歩してますよ。」

あー、やっぱりT内さんは自分の認知症のこと、わかってて受け入れておられる。
「T内さん、なんで人は認知症になるんでしょう?」と思い切って聞きました。
「お酒と甘いものと老廃物が原因みたいですよ。
脳は糖分とり過ぎたらあかんみたい。
しょうがないわな~。お酒が大好きで食いしん坊なんだから、、、。」

「女房は私がボケてるからそんなに食べるんだって言うけど、
もともと食いしん坊なんだからしょうがない。」

容姿も素敵な初老のT内さん。
恵まれた環境で育ってこられたこと、
いろんなおはなしから想像できます。
なんて言ったって新宿育ち。
大原麗子と吉永小百合と同じ高校に通ってたらしい、、、、。
ほんまかいな!と思うお話が飛び出します。

93歳女性の方が
「私は内職で鹿の皮の手袋を縫ってましたんやで。」
とお話されると、向こうの机からT内さんが会話に参加します。
「鹿の皮は運転するときに、汗が出ても滑らないんですよ。
私もラリーに出るとき、はめてましたよ。」

「は?ラリー?なんですか、それ?」

「あんた、車の競争やんか。」とN沢さん。

「大学の自動車部に入っていたんですよ。
オフロードのラリーもやってましたよ。」

「へ~!死ぬかもしれへん恐怖感はなかったんですか?」

「死ぬなんて思わへんよ。
自分の運転技術を信頼してるんだから。」

出たー!自分に対する揺るぎない自信!

「私はもういつ死んでもいいんですよ。
やりたいことはいいことも悪いことも全部やってきたから、
もう思い残すことは何にもないですよ。」

「T内さん、死ぬことに恐怖はないんですか?」
「私が死んでも嫁さんや子どもたちはもう困ることはないんだから
何にも心配いりませんよ。」

「自分の存在が無くなることは怖くないんですか?」

「そんなの怖くないですよ。
生きてる間、毎日幸せやなーと思って暮らすだけで充分ですよ。」

「はぁ~。まあ結局一瞬一瞬の積み重ねですもんね。」

「そうですよ。自分にできることは一生懸命やって、
できないことをくよくよしてもしょうがない。」

「世の中のためにと思ってやる仕事より、自分がやりたいことをして
結果的に世の中のためになる、というほうがいい仕事ができるんじゃない?」
DSCN4632

「ガンなんて、病院に行くからわかるだけであって、昔の人はガンがあっても
知らないでただ死んでいくだけでしょ。
早期発見、早期治療なんて、ただ毒をチビチビ入れられるだけですよ。
病院のベッドに縛り付けられるなんてごめんですよ。余計に病気になっちゃうよ。
ここだって、ほんとは来たくないんだけど、まあ陶芸や歌があるから来てるんですよ。」

はぁー。根っからの自由人なんですねー。

「T内さん、人は何のために生まれてくるんでしょうかね?」
「ん?人という種の保存のために生まれてくるんでしょ。
そんなこと、ほんとは考えんでもいいのかもしれないよ。」

「なるほどー。そうかもしれませんね。
T内さんのその自分に対する自信はどこから来るんですか?」
「やっぱりビー玉、メンコ、コマ回し。勉強なんかしたことなかったけど
遊びは真剣でしたね。勉強もなんでか知らんけどできたけどね。」

T内さんの作品作りのミソはポジティブ思考。
思うようにはなかなかいかないのが作陶です。
目標の形にならなくても大丈夫。
「今日のは今までで最高の出来かもしれんよ。」
と常に大満足。

「認知症には散歩がいいんですよ。
見るってことは目からの脳への刺激になるんですって。
河原で小石を拾って手先も動かしてるでしょ。
いいことだらけですよ。」

前向きな認知症。
尊敬します。





先週日曜日は三井寺でオーガニック&つながるマーケット。
いつもは第3日曜日開催ですが、5月は千団子祭りと重なるため
第2日曜日に開催です。
DSCN4677

このマーケットも4年目を迎え、継続は力なり、を実感します。
DSCN4676
子どもたちの遊び場、森のプレイパークは
朝イチから森の達人さんが心をこめて手製の遊具を設置してくれます。
DSCN4682
マーケット会場のステージでは何やら始まっています。
近頃、話題の「オーガニック&つながるマーケット 野外寺子屋」コーナーです。
マーケットを盛り上げようとたまやのひよちゃんやナナイロつーしんさんたちが
次から次へと素敵な方を呼んできてくれます。
どんどんつながっていってます。
DSCN4674
「野外寺子屋」、青空の下、裸足で語るすてきな女性。
アメリカ在住。はるなさん。
滋賀のお母ちゃんたちに会いたいとやってきてくれたそうです。
「これからの時代は女性性の時代。感覚、感情、本能を
大切に生きて行く時代。
女性性は男性の中にもある。
男性性あっての女性性、お互いが協力しあっていい方向へ。
ネイティブアメリカンのコミュニティでは女性の生理周期が同じで
同じ夢を見て、その夢が政策に反映されたりする。
などおもしろいお話が飛び出しています。
コミュニティ作りについてやアメリカとの違いなど語っておられました。
滋賀の自主保育のネットワークにはえらく感心されていました。
うんうん。すごいやろ。この人ら。

この日はえらい盛りだくさんで、次に登場したのは大学の若い先生。
「市場付属大学」ということで講義してくれました。
この内容は「はるや日記」で。
http://haruyanahibi.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-ab8a.html

最後のステージはいつものステージ。
これがなくっちゃ。
「薪割り1本、君のために~♪もう1本は僕のために~♪」
ブルージーなメロディーに乗せて薪割の歌。
最高やね!
DSCN4684
マーケットって可能性を秘めたものなんやなー。
お買いものしながら音楽聴いて、美味しいもの食べながらお勉強できる。

何やら拡声器やらプラカードやら持った年配の方たちが現れたと思ったら、
脱原発びわこ一周デモのご一行様。
「みなさ~ん。歩いてきましたー。」と報告してくれる。

なんておもしろい場所なんやろ!
DSCN4685
刺激的な良い1日でした。

DSCN4689

信楽の国道沿いにお蕎麦屋さんがありました。
「健康を売る店」という大きな看板がかかっていたのが印象的でしたが
結局一度も食べに行ったことはありませんでした。

ここの閉店に伴い、新しくお店を始める方がおられます。
和食のお店になるとか。
お店の改装で木製のサッシとドアを入れたいということで
お仕事が入りました!

DSCN4687

現状を有効活用しながらの改装です。
となると、アルミサッシの入っていた枠をそのまま使って
木製サッシをはめ込むという、いつもとちがった仕事になります。
工夫と計算が必要です。
DSCN4690
そこはお父ちゃん。
得意の機転を利かせてのお仕事。
うまいこといきました。
毎回、現場に合わせてのお仕事、内心はハラハラドキドキ。
ばちっとはまった時はほーっと胸を撫でおろしています。
DSCN4688
木製の大きな引き戸が入るとやっぱり見違えます。
窓も木製サッシに変わり、すっきりイメージチェンジ!
店内には立派な薪ストーブが設置されていました。
まだまだ雑然としている感じでしたが、
開店が楽しみです。


今年の連休は風の強い日が多かったので
田んぼの苗代がこんなことに!

DSCN4648

もう芽が出て成長してきたので、カラスにつつかれることもないやろう、
ということで、シートを外すことにしました。
「でも、鹿が食べに来るかもよ?」
「大丈夫やろ。」
ほんまに大丈夫かなー?
DSCN4649

種籾から小さな芽が出てきて、みるみる大きくなっています。
他所の田んぼはこの連休が田植えシーズンです。
うちの田んぼは6月初旬の予定です。
それまでには立派な苗に成長するはず!
DSCN4654
朝の散歩がてら、みんなで田んぼにやってきて、
シートはずし作業を手伝いました。
DSCN4652
裸足もいいけど。
DSCN4655
田靴デビュー。
DSCN4651

少し前に田んぼの横手の林から弱った松の木が苗床に倒れこんできました。
なぜか苗床に命中、一部破損しました。
「どういうことや、、、、。バチが当たったんやろか、、、。」

DSCN4660
ショックを隠せないお父ちゃんでした。
DSCN4661
倒れたままの木。
こんなことでもして遊ばんとやってられん!
DSCN4663
落ちたら小川のスリルな丸太渡り。
DSCN4659
藤の花盛り。
つるを引っ張って娘が花を摘み、天ぷらにしていただきました。
これがなかなかいけました。
DSCN4657
G・Wはいいなー。
DSCN4650
朝からみんなでひと仕事とひと遊び。

G・W、今年はちょっとちがいました。
予定をたてる余裕がある!
息子のサッカーやらなんやらでここ何年かはG・W?って感じでしたが
今年は娘たちに喜んでもらいたい一心でレッツG・W!
DSCN4551
大阪からやってきてくれた従弟と一緒に朝の犬の散歩。
いつもの道もウキウキ気分で歩けます。
DSCN4592
山の木がいつのまにか、白い花を満開に咲かせてます。
DSCN4576

もみじいちごの花がそこここに咲いてます。
DSCN4553

季節ごとに楽しませてくれるいつもの道、
一緒に歩いて贅沢な1日が始まりました。
DSCN4615
子どもが学校からもらってきた「ブルーメの丘」の小学生無料券。
ただほどこわいものはない、、、。
無料となると思わず娘たちに「ここ、行ってみたい?」と聞いてしまいました。
「行ってみたい!」ということで
従弟を誘って行くことになったのでした。
DSCN4599
フナ釣り20分300円コーナー。
初釣り体験の甥っ子1年生。
1時間くらい粘る。
DSCN4611
鯉釣り60分600円。
結局、最後までここにいた長男。
DSCN4618
その間に念願のお花畑での記念写真を撮りました。

DSCN4621
乗馬体験 ポニー300円。
DSCN4612
広い園内を廻り、
そりすべり遊びコーナーにも行き、そり1台400円。
20分のところ、1時間くらい粘る。
「ここは無料」と書いた看板の「ふれあい動物コーナー」
ボロボロの羊とジャージー牛を見る。
となりの小屋に入ると、うさぎやモルモットを抱いている子どもたちがいます。
ここは有料!
「学校でうさぎ抱っこしてるからここはいいやろ?」
とさっさと出ました。
DSCN4626
撮らな損!ぐらいな気持ちで記念撮影。
強風に吹かれながら、自家製ジャージー牛乳アイスを食べ、帰路につきました。

嵐のような風の中、5ヶ月の赤ちゃんをずっと抱っこして
1日付き合う高齢出産の妹に感心しながら、
G・Wらしい?ホリデイを過ごせました。
ま、たまにはええやろ、、、。












↑このページのトップヘ