のらちん工房 

半農半X‥できることからぼちぼちと、夫婦ふたりでやっている工房です。木製サッシを作ったり、無農薬のお米を育てたり、焼き物を作っています。「ホメオパシーセンター滋賀信楽」も併設しています。日々のことなどつづります。

<木製サッシ>
国産杉使用の二重窓(ペアガラス)のサッシです
あたたかみのある手触りの窓です
引きちがい窓、滑り出し窓、網戸など作ります
新築、改装の際はご相談ください

<無農薬のお米>
高地である信楽の山々の美しい水と愛情をいっぱいこめて
安心で美味しいお米づくりをめざしています

<陶器>
ずいぶん前からぼちぼちと夫婦の共同作業です
引き出物など承ります

<ホメオパシー療法>
「ホメオパシーセンター滋賀信楽」を併設しています
ホメオパシーとは、世界で広く使われている代替療法です
「同種療法」で自己治癒力のアップをお手伝いします
JPHMA(日本ホメオパシー医学協会)認定ホメオパス 村木奈々子

<<<お問い合わせ>>>
滋賀県甲賀市信楽町小川376
村木幹也 村木奈々子
nana.m@nike.eonet.ne.jp
TEL 090-3820-2817
090-1140-8534 (木製サッシ)

2016年12月

今日は大晦日。
ここのところ、大忙しの日々を送っていました。
思いもよらない出来事や、その対応。
ホメオパシー相談会。
本番間際のバンド?練習。
学童保育のパートのお仕事。
デイサービスセンターのみなさんの陶芸作品の焼成、
などなど、、、。

あれよあれよと日々が過ぎ、昨日は恒例の年末餅つきの日。
DSCN6197
たくさんの人がもち米持ってやってきます。
DSCN6199
「おーい。」とシャッターを向けるとギュッと集まってくれる長男長女たち。
うれしいシャッターチャンス。
DSCN6202
次から次へと餅つきです。
DSCN6203
子どもから大人までお父ちゃんもお母ちゃんも、みんな搗きます。
餅つき名人が玄米餅の仕上げ搗きをしてくれます。
DSCN6205
毎年恒例の行事ができること、
古い友人から新しい友人、いろんな人と集えること、
子どもたちの成長を感じながら、
信楽での歳月を想いながら、
日がな一日、餅を搗きます。
日が暮れても投光器をつけて白い息吐きながら搗きます。

DSCN6204
いったい何臼ついたんやろ?
今年もおいしいお餅です。
DSCN6213
今年はとうとうおばあさんがおせち料理が作れない、ということで、、、。
娘とお父ちゃんがメインで初おせち料理を作ってくれました!
「お母ちゃんも昔はおじいちゃんと一緒におせち料理作ってたんやで。
こんにゃくクルッと巻いたりして。」
と2人にはっぱをかけて。
DSCN6207
明日は元旦です。
うちの子どもたちは昨日から続々と発熱し、身体の大掃除をしています。
よかったよかった。





真ん中の娘は読書が好きです。
5年生のとき、熱血担任が「ハリーポッター」シリーズを
次から次へと貸してくれたことがきっかけで、本を読むのが
好きになったようです。
私がいくら「コロボックル」シリーズや「大草原の小さな家」シリーズを
勧めても、全然やったのに、、、。

今や、図書館に行ってはたっぷりと物語を借りてきて、
あっという間に読み終わっています。

たまに感想をしゃべってくれます。
「昨日、「月は、ぼくの友だち」、読み終わった。
よかったわ。おもしろかった。」

「へー。どんなおはなし?」

「赤ちゃんの時に両親を亡くしたジョーっていう男の子がおばあさんに
育てられてたんやけど、途中でおばさんのところに1人で行くことになって
そこで大金持ちのおじさんに気に入られて、養子になって会社の跡継ぎに
ならへんかって言われるねんけど、ジョーには月の研究をしたいっていう
夢があるから断ってん。」

「へー。それでどんな研究したん?」

「うーん。月の研究のことは、たいしたことじゃないねん。
この本の大事なところは。
最後のところ、読んでみ!」

訳者あとがきの最後はこうしめくくられていました。

「さて、月かお金か、お金か月か、、、。
あなたなら、どちらを選びますか?」

「ほー。なるほど~。いいなー。いいお話やなー。」

好きなことがあるって、すばらしいなー。

いろんな物語が娘の未来の選択を後押ししてくれそうです。

お父ちゃんも最近、やっぱり陶器しよか!と言い始めました。
お金もいるし、好きなこともしたいし、大人は大変です。






↑このページのトップヘ