のらちん工房 

半農半X‥できることからぼちぼちと、夫婦ふたりでやっている工房です。木製サッシを作ったり、無農薬のお米を育てたり、焼き物を作っています。「ホメオパシーセンター滋賀信楽」も併設しています。日々のことなどつづります。

<木製サッシ>
国産杉使用の二重窓(ペアガラス)のサッシです
あたたかみのある手触りの窓です
引きちがい窓、滑り出し窓、網戸など作ります
新築、改装の際はご相談ください

<無農薬のお米>
高地である信楽の山々の美しい水と愛情をいっぱいこめて
安心で美味しいお米づくりをめざしています

<陶器>
ずいぶん前からぼちぼちと夫婦の共同作業です
引き出物など承ります

<ホメオパシー療法>
「ホメオパシーセンター滋賀信楽」を併設しています
ホメオパシーとは、世界で広く使われている代替療法です
「同種療法」で自己治癒力のアップをお手伝いします
JPHMA(日本ホメオパシー医学協会)認定ホメオパス 村木奈々子

<<<お問い合わせ>>>
滋賀県甲賀市信楽町小川376
村木幹也 村木奈々子
nana.m@nike.eonet.ne.jp
TEL 090-3820-2817
090-1140-8534 (木製サッシ)

2018年09月

IMG_0402

稲刈りしましたー!
雨ばっかりでいつ刈れるんやろーと心配してましたが、
ありがたいことに、昨日は稲刈り日和の祝日となり、
家族総出で田んぼで一日過ごしました。
IMG_0407
朝一番に大阪からじいさんが駆けつけてくれ、
本人曰く、「カラ元気」を出して主力で頑張ってくれました。
うちの84才おばあさんはとうとう田んぼ仕事からは引退、、、。
今年の夏の暑さでまいってしまい、ずいぶん弱りましたが、
田んぼ仕事で鍛えた生命力でただいま盛り返し中。

ドロドロでコンバインが入れないところは鎌をもって
手で刈っていきます。

IMG_0408
今年はコナギがいっぱい茂りました。
おかげで稲は遠慮気味の成長となり、収穫量は期待できひんなー。
なんとなくがっかりした気分。
毎年毎年、期待して、がっかりして、たまにうれしい年があり、
そうやっていつか大収穫を夢見ながら、やっていくしかないんやなー。
「来年は大丈夫や。もう考えてるから。」と自分を励ますお父ちゃんでした。
IMG_0410

受験生長男も駆り出され、「もう帰っていい?」
「あかん!スマホで動画見てる時間削ったら、
なんぼでも勉強する時間あるわ!」と言われて渋々労働。
女子たちもテントで寝たり、お花の写真撮ったりしながら、
必要なときは労働。
コンバインがハマったときは走ってきて、
後ろからみんなで押し、なんとか最後まで刈ることができました。
IMG_0463
暗くなるころには、みな真剣。
裸足で田んぼや畦を歩き回って、
たくましく働く子どもたちの姿を見ながら
「あー、なんと幸せなことやろか、、。」
足腰痛くて、ヨレヨレになりながらも、
ジーンときてしまいました。
IMG_0442

IMG_0439

                       
IMG_0438
                                                                     IMG_0450

秋の田んぼ。
あぜ道にはかわいいお花が咲いていました。

第一弾、コシヒカリの稲刈りが終わりました。
次は農林48号が待っています。

イノシシにメチャクチャにされませんように。









暑い夏を駆け抜けました。

夏休みは学童保育のお仕事が超ハードになり、
朝から晩まで、毎日10時間以上も子どもたちと一緒に過ごします。
はぁ~。くたびれた。
狭い部屋で世知辛いこと言われて、子どもらも大変や、、、。

まだまだ「これってどうなん?」「そんなにちゃんとせなあかんの?」
学童保育のお仕事に、毎日葛藤が続いていますが、
そんななかでも、子どもらのおもしろさに心が喜ぶ瞬間があります。

IMG_1027

(夏の田んぼ  今はもうちょっと黄色く実ってます。)

宿題大っ嫌いで、水木しげるのファンで、超美食家で、
冷めたお弁当食べるのに時間がかかって、
ずーっと動き回って
、落ち着きのない、大好きなY君。

自分でやろうと思うことへの集中力とアイデアにはいつも感動。

夏まつりの日、クレープ屋さん、ジュース屋さん、的あて屋さん、
ヨーヨー釣り屋さんなど、自分たちでお店を出し、お客さんにもなり、
忙しく盛り上がっているなか、ふと見ると、小さなグラウンドの向こうの方に
黄色いビールケースが3つ並び、その上にそれぞれ3人の子どもが立っています。
なんと、Y君が表彰台を作り、折り紙で作った一等賞、2等賞の景品を渡す表彰式が
行われていました。子どもらのノリの良さ、自分たちで楽しんでいる様子。
その光景を見たとき、なんとも言えないうれしい気持ちが湧き上がってきました。

ある時はダンボール箱に穴を開け、棒でたたいて、ドラム練習を始めました。
いつのまにか気の合う友達に声をかけ、バンドを組んでいる様子。
ある日、「今日、11時にやる」と言うので、みんなで聴くことに。
たたみの舞台に並んだのは、ドラムのY君と
ダンボールで作ったギターとタンバリンの3人組。
初日はかわいくトトロの「散歩」
「あるこう♪あるこう♪わたしはーげんきー♪」
みんなで歌って不思議な一体感。
次の日は3年男子のボーカルが加わり、ハードロック調の歌を大声で熱唱!
びっくり!超カッコいい!
やんややんやの大喝采。
「Y君、ドラム、かっこよかったでー。」
「ちゃんと練習したもん!」
子どもらが自分たちで作り上げる場のなんとおもしろいことよ!
「これやん!」私のなかで喜びがこみあげてきます。
こういう瞬間が最高にうれしい。

「学習の時間やでー。」
「うるさすぎるー!」
「お昼寝の時間は遊んだらあかん!」
「今日は暑すぎるから、外遊びは無理。」とか、
世知辛いこと言われながらも、集団のなかで揉まれながら、
たくましく楽しんでくれる子どもたち。

いいことばっかりじゃなく、悪いことばっかりでもない。
忙しい夏が終わりました。
IMG_1016
ブルーベリーがたわわに実ったこの夏。
大急ぎで摘みまくり、なんとかジャムは作れたけど。
ゆっくりと収穫できたらなーと思いながら、、、。

ゆったりと暮らしを楽しむこと、来年はできるかなー、、、。











↑このページのトップヘ