のらちん工房 

半農半X‥できることからぼちぼちと、夫婦ふたりでやっている工房です。木製サッシを作ったり、無農薬のお米を育てたり、焼き物を作っています。「ホメオパシーセンター滋賀信楽」も併設しています。日々のことなどつづります。

<木製サッシ>
国産杉使用の二重窓(ペアガラス)のサッシです
あたたかみのある手触りの窓です
引きちがい窓、滑り出し窓、網戸など作ります
新築、改装の際はご相談ください

<無農薬のお米>
高地である信楽の山々の美しい水と愛情をいっぱいこめて
安心で美味しいお米づくりをめざしています

<陶器>
ずいぶん前からぼちぼちと夫婦の共同作業です
引き出物など承ります

<ホメオパシー療法>
「ホメオパシーセンター滋賀信楽」を併設しています
ホメオパシーとは、世界で広く使われている代替療法です
「同種療法」で自己治癒力のアップをお手伝いします
JPHMA(日本ホメオパシー医学協会)認定ホメオパス 村木奈々子

<<<お問い合わせ>>>
滋賀県甲賀市信楽町小川376
村木幹也 村木奈々子
nana.m@nike.eonet.ne.jp
TEL 090-3820-2817
090-1140-8534 (木製サッシ)

カテゴリ: お米作り

先週土曜日に田んぼに苗床ができました。
マクデ―で種籾を播いたポット苗を田んぼに運び、
きれいに並べていきます。

DSCN6794
家族+助っ人1人でせっせと働きます。
DSCN6800
毎年やっていると慣れてきたのか、要領をつかんでいる子どもたち。
DSCN6797
なかなか頼りになります。
DSCN6796
今年もコシヒカリと農林48号の2種類の苗を作っています。
DSCN6804
昼からは急に雷が鳴り、雨が降り出してきたので、
大急ぎでシートをかぶせて、雨が止むまで車の中で待機。
DSCN6805
作業が終わる頃にはお日様が沈みかけていました。
6月はじめの田植えまで、苗の成長を気に掛ける毎日が始まりました。
もう小さな小さな芽が出てきています。

ここのところ、零下の朝が続いてます。
雪もよく降るし、暖冬と思いきや、えらい寒い冬になりました。
DSCN6268
冬の田んぼ道を散歩してます。
DSCN6272
冬の田んぼの景色。
それぞれ、秋に牛糞鋤き込んだり、田ならししたり、溝きりしたり、
手入れされた田んぼ。
春になるのを待っている感じです。
DSCN6269
うちの田んぼ。
今年は冬に水を溜めておくことにしました。
冬季湛水というそうです。
不耕起栽培では冬季湛水をすることが多いそうですが、
うちは不耕起ではないけど、
田んぼの状態をよくするために、
発酵状態に近づけるために、
今年はこの方法で。
DSCN6271
雪の日の空はなんでこんなに明るい水色になるのかなー。
雪の中で見るうちの白犬は茶色犬です。
雪の白さにはかないません。

土・日・月と3日間の稲刈り、終了しました。
雨マークが出るなか、
張り切って大阪からやってきてくれたじーさん。
「雨やし、今日はやめとこか、、、。」と
弱気のおとうちゃんでしたが、
「いけるとこまでやろやろ!」
背中を押し、稲刈り強行。
DSCN5909
まずは周りを手刈りしていきます。
DSCN5910
長く続いた雨のおかげで、田んぼはグチャグチャです。


DSCN5913
うちのコンバインは中古で購入した小型コンバイン。
イセキのフロンティア。
グチャグチャの中でも力強く進んでいきます。
泥にはまったり、湿った稲穂がつまったりという
心配していたことは何も起こらず、
頼もしく働いてくれました。
DSCN5915
今年の出来はどうかな~。
袋の数が気になります。
DSCN5914
日当たりの悪い、
下から冷たいわき水が出ている
条件の悪い部分はコナギやクログワイが大繁殖。
寂しいかぎりです。
DSCN5921
グチャグチャすぎるところはせっせと手で刈ります。
DSCN5920
今年も老人パワー全開でがんばってくれました。
半袖半ズボンで靴下はいて泥の中を歩き回るじーさん。
DSCN5927
83歳?
うちのおばあさんの足腰の強さは超人的です。
これだけの重労働のあとでも、ケロッとしています。
DSCN5925
3日間、なんとかお天気が見方してくれて
晴れ間も出ました。
DSCN5934
「今年も終わったな~。」

無農薬、無施肥で
炭素循環農法を目指すうちの田んぼ。

「たんじゅん農法」っていうけど、
道のりは甘くないなー。

DSCN5933
今年の収穫はというと、
期待通りにはいきませんでした。
毎年のこととはいえ、落胆を隠せません。

「もう来年こそは!って言うの、やめるわ、、、。」とお父ちゃん。
けっこうガクッときたらしい。

「いつかいい時もあるやろって、言うことにしよ。」

そして、「今年も楽しかったなー!過程が大事や!」
と自分に言い聞かせてました。

ほんまほんま。
お米作りのおかげで、どれだけ心動かされていることか。
ぬか喜びしたり、心配したり、ガックリきたり、感謝したり、、。

私は自分の体に驚いています。
3日間、田んぼのグチャグチャの中を歩き回り、
腰まげて手刈りし、肉体を駆使して働きましたが
全然大丈夫!

以前だったら、腰はガクガク、足は筋肉痛、
歩くのもままならんほどの疲れが出ていましたが、
今年はどっこも痛くない!

いやはや、、、。3匹の犬との散歩の効用、おそるべし。

まだまだ元気に田んぼ仕事できそうやから、
がんばろかー。お父ちゃん。



すっかり刈りとられた田んぼの風景。
向こうの方のうちの田んぼ2枚だけが残っています。
DSCN5883 (2)
稲刈りのタイミングを逃し、台風が来て、
雨ばっかりで、なかなか刈れません。
毎日、ネットの天気予報とにらめっこのお父ちゃん。
「もう刈ってしまったとこはいいなー。
もう何の心配もいらんなー。」
DSCN5879
今年は鹿やイノシシは今のところ大丈夫ですが、
新たな問題が出てきました。
DSCN5873
雨が続いて稲穂がずっと濡れた状態になると
なんと発芽してくるらしい!
見に行ってみるとあまり日の当たらない一部分、
芽が出ているところがあったらしいです。
DSCN5872
「はぁ~、、、。今年は割と順調やったのになー。
最後になって天気がなー、、、。
うまいこといかんなー。」

何はともあれ、早く刈ろう!

明日は晴れるらしいので
田んぼを1日乾かして、
土曜日にドロドロでも稲刈り強行することになりました。

コンバインがはまらないことを願いつつ、、、。



秋の気配を感じたら、一斉に田んぼは黄金色になり、
早い田んぼでは8月末から稲刈りが始まります。

今年の稲刈りは特に早く、周りの田んぼはもう全部刈ってしまいました。
残るはうちの田んぼだけとなりました。
DSCN5836
朝の見回りから帰ってきたお父ちゃん。
「若い鹿が入ってたから、追い回してきたわ。」と。
頼むで~。めちゃくちゃせんといてやー。鹿さん。
DSCN5837
うちの田んぼももう刈りごろのようです。
今年は早い収穫となりそうです。
稲刈りも天気しだい。
「雨降んなよー。」と願っても、降るもんは降るわなー。
今週末はどうやら無理みたい、、、。
来週末は刈れるかな?
いよいよです!

↑このページのトップヘ