のらちん工房 

半農半X‥できることからぼちぼちと、夫婦ふたりでやっている工房です。木製サッシを作ったり、無農薬のお米を育てたり、焼き物を作っています。「ホメオパシーセンター滋賀信楽」も併設しています。日々のことなどつづります。

<木製サッシ>
国産杉使用の二重窓(ペアガラス)のサッシです
あたたかみのある手触りの窓です
引きちがい窓、滑り出し窓、網戸など作ります
新築、改装の際はご相談ください

<無農薬のお米>
高地である信楽の山々の美しい水と愛情をいっぱいこめて
安心で美味しいお米づくりをめざしています

<陶器>
ずいぶん前からぼちぼちと夫婦の共同作業です
引き出物など承ります

<ホメオパシー療法>
「ホメオパシーセンター滋賀信楽」を併設しています
ホメオパシーとは、世界で広く使われている代替療法です
「同種療法」で自己治癒力のアップをお手伝いします
JPHMA(日本ホメオパシー医学協会)認定ホメオパス 村木奈々子

<<<お問い合わせ>>>
滋賀県甲賀市信楽町小川376
村木幹也 村木奈々子
nana.m@nike.eonet.ne.jp
TEL 090-3820-2817
090-1140-8534 (木製サッシ)

カテゴリ: 木製サッシ

木製サッシの取り付け工事に行ってきました。
今度は「インナーサッシ」、つまり内窓です。
すでにある窓の内側に
二重ガラスの木製サッシをつけることで
お部屋を暖かくする、という目的で。
木製サッシは断熱効果があるので、
冬は暖かく、夏は涼しくなるということです。

今回の施主さんも、中古住宅を素敵にリフォームして
住んでおられますが、「あまりの寒さに思い切りました。」と
内窓をつける決心をされたようです。

「碧いびわ湖」さんhttp://aoibiwako.shiga-saku.net/が雨水タンク、薪ストーブ、太陽熱温水器など
すてきな暮らしの提案をされているのですが、
「木製サッシ」も紹介してくれていて、
今回は「碧いびわ湖」さんからのお仕事です。

大きな窓がある時は私も助っ人で一緒に軽トラに乗っていきます。
人のおうちに行くと、「ほ~!」と感心することがいっぱい。
今回もおおいに勉強になりました。
すっきりとした暮らし!
(うちの家に反映できるかは不明)
DSCN6392
杉の木の床、天井、ドア。
光りが入る大きな窓。
明るくて、暖かい雰囲気です。
そこにうちの木製サッシがバッチリとマッチして
「見た目もいいね~。」と喜んでもらえました。
DSCN6380
トイレにも。
木製の壁にピッタリです。
DSCN6393
キッチンにも。
DSCN6386
ペレットストーブのあるお部屋にも。
DSCN6378
洗面所にも。
DSCN6389
ピアノと本棚のあるリビングの一番大きな窓にも。
「これで三重ガラスだね。」
8歳の男の子が喜んでくれました。

ここの子どもさんたちはシュタイナー学校に通っていて
その教育の仕方、考え方などをお母さんに聞かせてもらい、
話が盛り上がりました。
素晴らしい!理想の教育やな~、、、。
いいな~。

仕事もろくにせずにお母さんと意気投合し、
おしゃべりして、楽しいひとときを過ごしました。

木製サッシの取り付けに行ってきました。
久々の現場のお手伝いです。

DSCN6292
なんとも風情のある土壁の建物が別荘地の住宅街の中に建っています。
セルフビルドで2年くらいかけて、建設中だそうです。
お米作りや小麦作り、畑仕事などの合間をぬっての家作り。
こじんまりとしたこのおうちは
パートナーさんのアロママッサージのサロンになるそうです。
DSCN6294
土壁に木製サッシがぴったりマッチしています。
窓が入ると家らしくなりました、と喜んでくれました。
DSCN6298
取り付け作業も順調に進み、
かわいらしいこどもちゃんと交流して、
おいしいコーヒーをいただいて、
帰り道はほっこりとした気分でした。
DSCN6295
若いお父さんとお米作りの話やら、生ごみコンポストや野菜作りの話やらして、
いろいろと教えてもらいました。
いろんなことに挑戦し、実践している若いカップルさんとお話しして、
いい刺激をもらいました。
「お父ちゃん、うちも小麦と赤米作ろうよ!」と言うと
「自分で作ったら?」と、、、。
「まあそう言わず、いつか一緒にやろうよ。」
「また口ばっかりが始まった。」

いつか赤米で餅つきしたいなー。

改装のお手伝いをさせてもらった信楽のお店が今日オープンしました。
DSCN4982

和食の店「銀俵」さん。

DSCN4983
入口は「のらちん工房」作、ペアガラスの引違戸です。
DSCN4979
勝手口のドアもリニューアル。
DSCN4977
昨晩、お父ちゃんは開店前日プレオープンで
開店お祝いに御呼ばれに行きました。

信楽のおいしいお米を使ってるそうです。

メニューやお値段、詳しいことは
また食べに行ってみないとわかりません~。

祝・開店!



DSCN4689

信楽の国道沿いにお蕎麦屋さんがありました。
「健康を売る店」という大きな看板がかかっていたのが印象的でしたが
結局一度も食べに行ったことはありませんでした。

ここの閉店に伴い、新しくお店を始める方がおられます。
和食のお店になるとか。
お店の改装で木製のサッシとドアを入れたいということで
お仕事が入りました!

DSCN4687

現状を有効活用しながらの改装です。
となると、アルミサッシの入っていた枠をそのまま使って
木製サッシをはめ込むという、いつもとちがった仕事になります。
工夫と計算が必要です。
DSCN4690
そこはお父ちゃん。
得意の機転を利かせてのお仕事。
うまいこといきました。
毎回、現場に合わせてのお仕事、内心はハラハラドキドキ。
ばちっとはまった時はほーっと胸を撫でおろしています。
DSCN4688
木製の大きな引き戸が入るとやっぱり見違えます。
窓も木製サッシに変わり、すっきりイメージチェンジ!
店内には立派な薪ストーブが設置されていました。
まだまだ雑然としている感じでしたが、
開店が楽しみです。


昨日も今日も杉材を切ったり削ったり、
製材所のようなのらちん工房です。
IMG_0421

それぞれの窓枠のサイズに切り揃えた杉材。
黒ずんで毛羽立った杉材の表面を機械で削ります。
IMG_0422
機械でカンナをかけられ、出てくる杉の木目の美しいこと!
磨かれて輝くダイヤモンドみたいやんかー。
木の粉にまみれながら感動、、、。

ひとつとして同じ木目はない。
微妙に変化している色合い。
赤みが多い木は少し重い。

この杉も生き物やったんやなー。
IMG_0426

ピシッと仕上げられた杉材が並んでいます。
まだまだ細かい作業が続きます。
IMG_0428
毎朝、犬の散歩で山の杉を眺めながら歩いています。
植林されたヒョロヒョロの杉、立派に成長した杉、
どの木もまっすぐに伸びています。
まっすぐの木立から朝日が射しこむ景色がこれまた美しいのです。

杉の木で窓枠作って、端材はストーブの燃料になってくれて、、、。

そしてお父ちゃんはそろそろスギ花粉で鼻が詰まってきて、、、。

杉の木とこんなに縁があるなんて!
と思っている今日この頃です。









↑このページのトップヘ